• TENGAの仕事
  • 採用募集一覧へ
  • 事業部紹介一覧へ

NEWS/RELEASE ニュース/リリース

NEW

9/12(月)TENGAロケット打上げから一年 〜未発表情報とNetflixで期間限定配信された記録映像を公開〜

2022年9月12日(月)は宇宙の日(1992年に制定された記念日)。TENGAでは2021年をTENGA宇宙プロジェクト元年と称し、3つのミッションを掲げ様々な活動を展開いたしました。

TENGAロケットプロジェクト情報: https://rocket.tenga.co.jp/

 

プロジェクトの背景

■常識にとらわれない、新しい考え方で「モノのありかた」を変え、身近な存在へ

堀江貴文氏とTENGA代表の松本光一がテレビ番組で共演した際、⺠間の宇宙開発スタートアップ、インターステラテクノロジズ(北海道広尾郡大樹町/代表取締役社⻑ 稲川貴大)が手掛ける宇宙事業について知ったことからすべては始まりました。インターステラテクノロジズの「誰もが宇宙に手が届く未来をつくる」というビジョン。TENGAが掲げる「性を表通りに、誰もが楽しめるものに変えていく」というビジョン。両社のビジョン、そしてモノづくりにこだわる気質が共鳴し、本プロジェクト発足へと至りました。

 

プロジェクト情報: https://rocket.tenga.co.jp/
打上げ記者会見: https://youtu.be/Jlsh7r5tzh8
機体公開記者会見: https://youtu.be/U517NGeuUnk
打上ダイジェスト: https://youtu.be/BcB2ASsJ0Ps

 

TENGAロケット打上げ成功

TENGAとインターステラテクノロジズとの共同プロジェクトとして進めてきた「TENGAロケット」は、昨年の2021年7月31日(土)17時00分の打上げを実施し成功、高度約92kmの宇宙空間まで到達いたしました。TENGAロケットの打上げでは宇宙空間でのペイロード放出と洋上回収にも成功、日本国内の⺠間企業としては初となります。

 

記録映像公開

「TENGAはなぜ宇宙を目指したのか?」「打上げ当日の舞台裏はどうなっていたのか?」昨年Netflix Japanの公式Youtubeチャンネルにて期間限定で配信された、TENGA代表の松本光一に密着したTENGAロケットの映像ドキュメントが、打上げから1年の時を経て遂に公開!

プロジェクト開始から打ち上げまで密着したスペシャル映像(前/後編)
前編:  https://youtu.be/3Kuc1PhLJmI
後編:  https://youtu.be/ANMnVEbayfQ

 

「宇宙用TENGA」開発の経緯

■TENGAが考える宇宙開発時代におけるTENGAの役割

来たる人類宇宙進出時代。アメリカは2028年までに月面基地を作り、人類を滞在させる計画を発表しました。近い将来、人類やそのアバターが宇宙空間に進出することは日常的に起こりうることと考えます。惑星基地の建設、宇宙ステーションの管理など、宇宙空間や惑星上で建設や作業を行うには、中⻑期滞在する必要があります。滞在期間中は限られたスペースと少ない物資、必要最低限の装備だけで、命の危険をともないながら暮らしていかなければなりません。そのような環境下で暮らしていくのは、大変なストレスをともなうでしょう。現在ストレスを緩和させるための簡単な娯楽(電子書籍やサブスクリプション映画・音楽等)はあるものの、性的欲求の解消については処理する場所も環境の確保も難しいため、非常に厳しい状況になると予想されます。そこで、過度のストレスと欲求を抑え健康な肉体を維持するための自慰行為と、それを支えるために安全性と機能を兼ね備えた「宇宙用TENGA(宇宙用性デバイス)」が必要になると考えました。必ず到来する宇宙生活時代に向けて必需となる「宇宙用性デバイス」のパイオニアを目指します。

 

真空が生み出す快感を体感できるTENGAが発売!

■9月12日に発売される「 Vacuum Controller II 」は吸引をコントロールできる製品!

強弱2段階の吸引と、3つのリズム吸引を搭載し、これまで以上に、吸引を自在にコントロールすることができます。さらに、充電式バッテリーになってバキューム力もUP!真空でしか味わえない快感の宇宙を是非体感して下さい。
ダイヤフラムモーターが生む強力なバキュームを、リリースバルブの解放で調整しながら自在に吸引を操ることができます。さらに、強弱2つのパターンに加えて、新たにプログラムモードを搭載し3種類のリズム吸引もお楽しみいただけます。

シリーズサイト:https://www.tenga.co.jp/products/options/options/

 

プレスリリース詳細はこちら >>