• TENGAの仕事
  • 採用募集一覧へ
  • 事業部紹介一覧へ

NEWS/RELEASE ニュース/リリース

月刊TENGA Vol.1「マスターベーション世界調査」結果発表

株式会社TENGAは、「マスターベーション世界調査(TENGA Global Self-Pleasure Report)」を実施しました。本調査は、ヨーロッパ、北米、南米、アフリカ、アジアの、世界様々な文化圏の18か国を網羅的に対象として実 施したもので、18歳から74歳の13,039人にアンケートを行いました。調査対象の18か国の人口を合計すると、世界の総人口の57%にあたり ます。この規模の人数・国家を対象に行ったグローバル調査は、世界的に見ても初の試みで、TENGAとしても世界を対象とした調査を行うの は今回が初めてです。
<18か国・13,039人に聞いた「マスターベーション世界調査(TENGA Global Self-Pleasure Report)」>

【月間TENGA Vol.1_1】世界初・「マスターベーション」に関する大規模グローバル調査の結果を発表
●日本の性生活満足度、世界調査で最下位
●日本人のマスターベーション経験率、男96%・女58%
●日本人の4人に1人が「アダルトグッズ」使用。非使用者と比較し、性生活満足度は高い
【月間TENGA Vol.1_2】「マスターベーション世界調査」結果発表 〜日本のマスターベーション初体験年齢、世界最年少〜
●日本人のマスターベーション初体験年齢は、世界最年少の14.6歳
【月間TENGA Vol.1_3】「マスターベーション世界調査」結果発表 〜「マスターベーション」に関する性教育の受講経験、日本は世界最下位〜
●10代の頃に「性教育」を習った人の割合、日本は53%で、世界的には中央水準
●一方、性教育で「マスターベーション」をトピックスとして習った人は12%で、世界比較で最下位
●もっと習うべきトピックス、上位は、1位「性的暴行 および ハラスメント 」2位「STD」3位「性交の同意」4位「セックス」5位「マスターベーション」

詳しくは、こちらをご確認ください。